昨日、マイルチャンピオンシップが行われ、サダムパテックが勝ちました。
念願のGT初勝利となりました。

レースは、シルポートが逃げる展開となりましたが、いつも通りのハイペースではなく、平均ペースで2番手以降の馬を引きつけるような逃げになりました。

サダムパテックは、シルポートを見るような形で中団よりやや前の内ラチ沿いを位置取りして、そのまま直線に入りました。

直線に入ると馬群を割って抜け出し、最後は外から伸びてくるグランプリボスをしのいで首差でゴールしました。

サダムパテックは中距離でも実績はありますが、マイル適正が高いと言われていたので、その通りの結果となりました。

また、当日の馬場状態もサダムパテックにとってはどうなのかというのがありましたが、上手く対応できたのも大きいと思います。

2着に敗れたグランプリボスですが、サダムパテックとの差は直線での位置取りです。
この馬も当日の馬場状態に不安がありましたが、上手く対応しました。

それともう1つ、武豊騎手が全GT完全制覇に王手がかかりました。
残すところは朝日杯フューチュリティステークスのみとなりました。

ここまできたら全GT完全制覇を見たいです。
朝日杯フューチュリティステークスが非常に楽しみになりました。


2012年 マイルチャンピオンシップ サダムパテック

 カテゴリ
 タグ