明日、ジャパンカップが行われます。
今年は凱旋門賞馬が参戦します。

本命は、ルーラーシップです。
前走の天皇賞・秋は3着と敗れましたが、敗因はスタートが悪かったという明らかな原因があります。
それさえなければ、十分優勝を狙えると思います。

対抗は、オルフェーヴルです。
実力はもはや説明不要だと思います。

気がかりな点は、海外帰りであることと気性です。
特に気性の部分は走ってみないとわからない部分があるので、少し評価を落としました。

凱旋門賞馬であるソレミアは苦戦すると踏みました。
これまで勝ったレースタイムを見ると、少し物足りないものがあります。
もっとも、乗っている騎手が騎手なだけに何をするかわからない部分がありますが・・・。

他の馬ですとエイシンフラッシュに注目しています。
前走の天皇賞・秋を勝利したというのもありますが、今回は逃げ馬が不在なのでスローペースが予想されます。

エイシンフラッシュは前走のレースで折り合いさえつけばペースに関係ないことを証明しましたが、元々スローペースでの上がり勝負を得意としています。

折り合いという条件が付きますが、持ち味である一瞬の切れ味は他の馬とは引けを取らないので、それが上手く発揮できれば十分勝算はあります。

日本馬で人気になりそうな馬を本命、対抗となってしましましたが、荒れることはないと思います。
勝った馬に対しては、納得しそうな感じになりそうです。
 カテゴリ
 タグ