明日、朝日杯フューチュリティステークスが行われます。
今年は武豊騎手のG1完全制覇になるかどうか注目されています。

本命は、コディーノです。
前走の東京スポーツ杯2歳ステークスは完勝で1つ抜けた存在です。
今のところ不安材料が見当たらないくらい高い完成度を誇っています。

対抗は、ラブリーデイです。
前走の京王杯2歳ステークスは2着でしたが、レース内容は悪くありません。

デビューからの2戦は1800メートルのレースでしたので、今回の距離延長はこの馬にとってはプラスだと思います。

武豊騎手鞍上のティーハーフは、スタミナが持つかどうかになります。
ティーハーフは、血統やこれまでの走りを考えてもスプリンターという感じがしますので、距離克服が鍵を握ります。

1800メートルのレース経験がある馬を本命・対抗としました。
ただ、武豊騎手のG1完全制覇を見てみたいというのが正直な気持ちです。
 カテゴリ
 タグ