明日、日経新春杯が行われます。
昨年、一昨年と違い今回は混戦ムードが漂います。

本命は、ムスカテールです。
重賞初挑戦だった前走のアルゼンチン共和国杯のレース内容を評価しました。

ここに来て力をつけてきた感じがありますし、父マヤノトップガンみたいに自在性もありますので大崩はしないと思います。

対抗は、ダコールです。
これまで京都コースの成績はすべて3着以内と相性が良いです。
最後に伸びてくる脚を持っているので、直線の長い京都では持ち味を存分に発揮できると思います。

他の馬ですとメイショウカンパクです。
京都大賞典を勝った時と同じ舞台なので、その再現が期待できます。

ハンデ戦ではありますが、どちらかというとそれなりにハンデを背負わされている馬を本命、対抗としました。
 カテゴリ
 タグ